絵本の作り方(概要)

 ※簡単につくるをコンセプトにしています。

 パワーポイント2016とYOUTUBEを使います。
(2010も2013も概ね使い方は同じです)

技術力をつける事を目的にはしていないので、余裕のある方は、色々アレンジしてみて下さい。


①絵本の構成・タイトルを決める(作りながら修正も出来ます。)

②文章を考える
 (メモ帳などのテキストエディタに直接入力後・コピーすれば文章の保存も出来るので後で楽です。)

③イラストを用意する
 手描きでスキャン・イラストレーターなどのソフトで作る・無料のイラストをダウンロードなど何でもOK!!
イラストのファイル形式は、背景が透明に出来るのでpngが良いかと思います。
無料のイラストを使う場合は、利用規約を必ず確認しましょう。
加工は禁止してますなど、条件がついているものもあります。
後でトラブルにならないように注意して下さい。

絵本の作り方(パワーポイント)

①②③の行程は最初なかなかまとまらないと思いますので、別ページにサンプル画像とサンプルテキストを用意しています。

初回は④以降の手順で、一緒に作って行きましょう。
サンプル動画は3分あります。

サンプル文章
タイトル  つくるの大好きひまわりちゃん
ページ数  20ページ

④フォルダを新規作成し、画像とテキスト文書ファイルをすべて入れておく

⑤パワーポイントを起動

⑥新しいプレゼンテーションを選択

⑦タイトルを入力・サブタイトルを入力
(フォントはお好きなもので良いのですが、丸くて可愛いので「HG丸ゴシックM-PROの太字」を使っています。)

⑧背景はお好みで編集
(サンプルは、デザインタブ→背景の書式設定→塗りつぶし(図またはテクスチャ)を使用しています。)

⑨新しいページを追加
ホームタブ→新しいスライド→白紙

⑩画像を挿入
挿入タブ→画像タブ→画像(図)→ファイルを選択→挿入

⑪画像のサイズ調整・配置調整

⑫テキストを挿入
挿入タブ→テキストグループのテキストボックス→横書きテキストボックスの描画→スライドをドラッグ→文章をコピペ

⑬ テキストのサイズ調整・配置調整

⑭以下同じ要領でスライドを作成

⑮最後のページ
おしまいの文字を挿入
背景を入れる

⑯画面切り替え
画面切り替えタブ→画面切り替えのボタンを選択(サンプルは扉を使っています)
タイミンググループクリック時のチェックを外し→自動的に切り替えにチェックを入れる→スライドごとに文字数に合わせて5秒から9秒ぐらいで調整する。

⑰ 仕上げ
同じフォルダ内に名前をつけて保存

⑱ビデをに変換
ファイルタブ→エクスポート→ビデオの作成(左メニュー)→ビデオの作成(ボタン)→ファイル名入力→ファイルの種類がMPEG4であることを確認→保存先のフォルダの選択→保存ボタン
(30秒ぐらいかかります)

youtubeにアップロード

①前提としてyoutubeのアカウントを取得しておく

②youtubeを起動

③動画をアップロード
右上のビデオアイコン→動画をアップロード(mp4)→アップするファイルを選択をクリック→タイトル・説明文・タグを入力 →詳細の編集があれば(私はコメントを外しています) 

④完成
グーグル検索2019年9月現在で「こびとワイン」のyoutubeが上位に表示されるようになっています。
アカウントの名前が他の固有名詞をかぶらない場合は簡単に検索できると思います。

アレンジ
音のない絵本 読み聞かせをテーマに作成しましたが、音を入れても良いし、華やかな画面切り替えや、写真(著作権や肖像権は特に注意)・背景画像の編集などアレンジは無限大です。

まとめ
オリジナルの絵本を読んであげて、お子さんの健やかな成長と作成者のささやかな自己満足(笑)、そして、大切な時間を読み聞かせで過ごせる事の幸せを感じて頂けたら嬉しいです。